〜うちのヒフミヨ!4人育児はエンターテインメント〜

イクメン兄3人と、その兄に溺愛される末っ子妹の4人兄妹を描いた日常育児漫画。

カテゴリ: 家族で映画

斜め上行く甘えっぷり。◇先日観た映画が面白かった&子ども達にも好評だったので1つご紹介!「透明人間」夫が前からチェックしてたけどホラーカテゴリーだったのでスルーしていたそう。(あまりにも怖いと夜トイレ行けなくなる私…)けど実はこれ観る前に「A GHOST STORY」
579 斜め上行く甘えっぷり1
579 斜め上行く甘えっぷり2
579 斜め上行く甘えっぷり3
579 斜め上行く甘えっぷり4
斜め上行く甘えっぷり。



先日観た映画が面白かった&
子ども達にも好評だったので1つご紹介!

「透明人間」


夫が前からチェックしてたけど
ホラーカテゴリーだったので
スルーしていたそう。
(あまりにも怖いと夜トイレ行けなくなる私…)

けど実はこれ観る前に
「A GHOST STORY」を夫婦で観始めて…

難解すぎてよく分からなかったー…

こういうちょっと小難しい映画観た後って
反動でスカッ!と分かりやすいヤツ
求めちゃうんですよね。

お口直し的なノリで
何気なく流し見し始めたんです「透明人間」。

即効で、目、釘付け。

画面のどこかに透明人間いるかと思うと
ドキドキしちゃって目が離せない。

あとコレ、私の想像するホラーじゃなかった。
どっちかって言うとサスペンス?
サスペンス・ホラー?

恐怖要素はもちろんあるんだけど、
直接的な「ギャーッ!」みたいなのより、
状況が作り出す空恐ろしさというか…
思わず唸りました。



子ども達も最初から観た訳じゃなくて、
私が料理しながらipad側に置いて流し観てたら
同じく釘付け(笑)。

捻りの効いたサスペンスで
どエンタメ好きな方、
おすすめだよー

観終わった後は、
透明人間に襲われてるごっこ
イラスト2
▼合わせてどうぞ♪


▼ブログ記事の更新通知はココです
LINE読者登録イラスト白文字2

書籍好評発売中です

楽天はこちら

うちのヒフミヨ! 兄たちは妹びより [ MOTOKO ]


続きを読む

わが家では洋画(アニメ含む)は字幕で観るのが当たり前だったので、長男、次男、三男ともこの疑問を口にした事なかったかも…!字幕にするのは、親がオリジナル音声聞きたいのと、子どもが外国語の存在を知るいい機会だから。なんとなーーく解説してあげれば疑問を持たず観
イラスト
569年の差兄妹映画事情1
569年の差兄妹映画事情2
569年の差兄妹映画事情3
569年の差兄妹映画事情4
わが家では洋画(アニメ含む)
は字幕で観るのが当たり前だったので、
長男、次男、三男とも
この疑問を口にした事なかったかも…!

字幕にするのは、
親がオリジナル音声聞きたいのと、
子どもが外国語の存在を知るいい機会だから。

なんとなーーく解説してあげれば
疑問を持たず観てくれて、
そうこうしてるうちに
字幕が読めるようになる…っていうのが
わが家の定番コースだったのに

これからどうなる…!

■最近観た映画
(全てamazon prime)


ちょうど昨日観たのは
「1917 命をかけた伝令」

第一次世界大戦下の戦争映画。
若いイギリス兵2人が、敵国ドイツ兵の潜む
超危険なエリアを通って、大切な命令を
伝える様子を描く人間ドラマ。

全編をワンカット(映像を切らずにずーっとカメラを回しっぱなし)
で撮影した様に見せる手法で撮られていて、
めちゃ臨場感ありました。

娘も口を挟む間がないくらい集中。



他に最近集中してたのは…
「シン・ゴジラ」とかかな。

昔、映画館で観たときは
当時小4だったフーちゃんが怖がってたけど、
中学生になって政治的な視点で観たら
面白かったと。



あとこれも歌が沢山でてきて
娘が魅了(?)されてて静かに観てくれた。
「アリー スター誕生」

なんと私、観終わるまでレディー・ガガ主演に
気づかなかった(汗)。

演技上手すぎ…



最近イマイチだったのも…
「蜜蜂と遠雷」(単純に面白くなかった)
※作品のファンの方への配慮が足りない
言い回しで申し訳ありませんでした…!
自分に合わなかったものでも、
作品へのリスペクトを忘れてはダメですね


「スーパーサイズミー」(面白かったけど
娘の「これなにってこと?」
の連続で集中出来ず)などなど。

他にもいくつか紹介しようと思ったけど、
レーティング無視し気味なので、
書きにくいわー。

読者さんで家族で観る
おすすめ映画あったら是非教えてください♪

▼最新マンガの通知はココです
LINE読者登録イラスト白文字2

書籍好評発売中です

楽天はこちら

うちのヒフミヨ! 兄たちは妹びより [ MOTOKO ]


続きを読む

なんだかんだ楽しんでくれてるのかな◇映画と言えば、5月末に上映予定の「100日間生きたワニ」、観に行こうと思ってます〜「カメラを止めるな」の上田慎一郎監督と奥様のふくだみゆきさんとW監督・脚本。まだ原作が連載中に上田監督が映画化の企画書を東宝に提案したのが
565 完全再現1
565 完全再現2
565 完全再現3
565 完全再現4

なんだかんだ楽しんでくれてるのかな



映画と言えば、
5月末に上映予定の
「100日間生きたワニ」、
観に行こうと思ってます〜

「カメラを止めるな」の上田慎一郎監督と
奥様のふくだみゆきさんとW監督・脚本。

まだ原作が連載中に
上田監督が映画化の企画書を
東宝に提案したのがきっかけだそうです。
(この段階では実写の企画だった)

ツイッターで1話ずつ追っていた時に
体験していたあの切なさが
アニメでどう表現されるのか
気になるところ。

はっきり言って期待してないけど、
もしかしたらもしかする可能性もあって、
色んな意見に触れる前に、
観ときたいな〜

今年はシネマイレージカード作ったので、
ちょっとでも気になったのは
サクサク観に行ってます

▼ソファが一つだった頃の映画鑑賞スタイル


▼さらにその後


▼最新マンガの通知はココです
LINE読者登録イラスト白文字2

書籍好評発売中です

楽天はこちら

うちのヒフミヨ! 兄たちは妹びより [ MOTOKO ]
続きを読む

「うちのヒフミヨ!兄たちはますます妹びより」より抜粋(紙書籍はモノクロです)この4コマを描いた頃(1才の頃)は途中で寝落ちしてラクだった娘も、最近はぜんっぜん寝なくなり、落ち着いての映画鑑賞が難しくなってきました。そんな中でも、最近家族みんなで最後まで観

202 映画鑑賞2
「うちのヒフミヨ!兄たちはますます妹びより」より抜粋

(紙書籍はモノクロです)

この4コマを描いた頃(1才の頃)は
途中で寝落ちしてラクだった娘も、
最近はぜんっぜん寝なくなり、
落ち着いての映画鑑賞が難しくなってきました。

そんな中でも、
最近家族みんなで最後まで観られて
私は泣きっぱなしだった作品がこちら。
(あ、長男は今は不在なので正確には5人家族でした)

「ワンダー君は太陽」
スティーヴン・チョボスキー監督



生まれつきの疾患のため
フランケンシュタインの様な顔を持つ
10才の少年オギーが主人公。

度重なる手術のためずっと自宅学習を
してきたオギーが、5年生で初めて学校に通い、
外の世界でいじめや裏切りに合いながらも、
周りの人達とともに成長していく物語です。

なんかもう清々しいくらい
あの子もあの子もあの子も
みんな成長してくれて、気持ちがいい…!

同じスティーヴン・チョボスキー監督の
「ウォールフラワー」という作品も
観たことがあって、

そっちの内容はほとんど忘れましたが、
なんか皆清々しく成長してた気がします。

物語はこうでなくちゃ…!

家族で鑑賞、おすすめです
プライムビデオに入ってます♪

★最近の1枚★
普段絶対人がいないであろうスポットで、
3組くらいとすれ違った。
皆外出たいよねぇ…
DSC07876

書籍好評発売中です

楽天はこちら

うちのヒフミヨ! 兄たちは妹びより [ MOTOKO ]

●●前回のお話はこちら●●

●●インスタで最新の4コマ更新中●●

●●ツイッター●●



続きを読む