〜うちのヒフミヨ!4人育児はエンターテインメント〜

イクメン兄3人と、その兄に溺愛される末っ子妹の4人兄妹を描いた日常育児漫画。

カテゴリ:プチコラム >

子どもがウソをつくことに悩んでる人。だれかのウソに傷ついた人。自分が絶対正しい!を押し付けがちな人。そんな思いを抱いている人に届いてほしい絵本。(私にも届いて本当に良かった)エイドリアンはいつもひとりですわってる。机もぐちゃぐちゃだし、ぼんやり考えごとを
スクリーンショット 2021-02-09 11.41.16

子どもがウソをつくことに悩んでる人。
だれかのウソに傷ついた人。
自分が絶対正しい!を押し付けがちな人。


そんな思いを抱いている人に
届いてほしい絵本。
(私にも届いて本当に良かった)

エイドリアンはいつもひとりですわってる。机もぐちゃぐちゃだし、ぼんやり考えごとをしてるし、「うちには馬がいるんだよ」ってウソばかり話してる。でも母さんは「どうしてウソってわかるの?」って、わたしに聞くんだ……。自分とは「ちがう」ことを受け入れる子どもの心の葛藤や、想像の豊かさを、詩情あふれる絵と文で描く。                                       岩波書店HPより抜粋

主人公の女の子は、
エイドリアンのウソが
はじめは許せなかった。

けど、お母さんに連れられて
(このお母さんが
説教めいたことを一言も
言わないのがまたいい…)
エイドリアンのもとへ行く。

そこでエイドリアンの境遇を
目の当たりにして、
言葉にできない思いを抱く。

女の子は、
今度は「ウソつき!」とは
言わなかった。

そうしてエイドリアンを
受け入れてみたら、
今まで見えなかった
豊かな世界が見えるようになった。

この絵本の見事なのが、
主人公の女の子が気づいた「豊かな世界」を
読者も一緒に体験できるように
仕掛けられているところ。

うなったーー。
うなっちゃったーー。

良書を絵に書いたような良書です。

受け入れることを拒んで
狭い世界に執着するよりも

そこを乗り越えたことで出会える、
苦しくも神々しい世界が見たい。

読み終えた後、
私はそんな気持ちになりました。

大人のための絵本でもありました。

◇◇◇

この本は友人の翻訳家、
服部雄一郎さんから
ご恵贈いただきました。

このブログでも紹介したことのある

この2冊の翻訳をしています。

高知移住をきっかけに
友人になり早5年。

「エイドリアン…」をきっかけに
絵本翻訳に目覚めたようなので、
今後も良い絵本を紹介してもらうの、
期待しています!

▼服部雄一郎さんのHP


続きを読む

子どもにいろんな職業を知ってほしいと思い、職業図鑑を探していたところ、とてもいいものを見つけました!「日本の給料&職業図鑑パーフェクトバイブル」給料BANK 著/宝島社シリーズ累計36万部突破のベストセラー「日本の給料&職業図鑑」が、ついに総まとめデラックス版に
子どもにいろんな職業を知ってほしいと思い、
職業図鑑を探していたところ、
とてもいいものを見つけました!


「日本の給料&職業図鑑パーフェクトバイブル」
給料BANK 著/宝島社


シリーズ累計36万部突破のベストセラー「日本の給料&職業図鑑」が、ついに総まとめデラックス版に。これまで掲載された定番職業に加え、シリーズ未掲載のAIエンジニアやライバーなど新職業も多数収録。最新情報をもとに合計500種以上の職業を徹底解説しています。年代別平均給料、生涯賃金、仕事内容などのリアルデータ×RPG風のイラスト+キャッチコピーが特徴の本書は、中高生へのキャリア教育の入門書としても最適です。
─amazon内容紹介より引用

●ざっくりとした仕事内容
●平均給与・20代・30代・40代の給与比較
●どんな資格が必要か


などが職業ごとに記されています。
RPG風の完成度の高いイラストも、
子どもだけでなく大人が見ても見応えあり!

ぶあつい!
IMG_6560

さらに、母体となっているサイト
「給料BANK」には、本の情報に加えて
もう一歩踏み込んだ内容も書かれています。



ちなみにこの本の著者の方の職業は、
「ポータルサイター」(初めて聞いた 笑)。

役立つ情報をまとめたサイトを作り、
そこから収益を得る職業だそうです。

サイトの広告収入だけでなく、
こうして書籍として出版されたり、
他にも展開がありそうな面白い仕事ですね!

●職業図鑑を見ながらの親子の会話

「この仕事、お給料めっちゃ高い〜♥」
という会話ももちろんしますが

「色んな職種を知る」という使い方以外に、
仕事内容をザッと読んで、

「この仕事は、沢山の人とコミュニケーションを
取りながらやる事が多そうだね〜」

「これは一人での作業が多そう」

「ものすごく効率を重視しそうな職場だね」

「縁の下の力持ち的な存在の職業かなぁ」

「十年くらいで成果が見える仕事だね」

など、職種で判断するだけでなく、
子ども自身の性格にあった物差しが
見つかるような使い方
をしています。

かくいう私も、この歳になって
自分が何が好きで何が嫌いか、
向いている事、そうでない事、
未だに模索している毎日です。

一緒に本を読みながら、
第二の人生を考えてたりしています


書籍好評発売中です

楽天はこちら
うちのヒフミヨ! 兄たちは妹びより [ MOTOKO ]

●●前回のお話はこちら●●

●●インスタで最新の4コマ更新中●●

●●ツイッター●●
https://twitter.com/Motok68

続きを読む

最近、プラスチック・フリーについての本を読みました。プラスチック問題、むずかしいですよね。小さく小さくなったマイクロプラスチックが海に漂って、それを魚が食べ、それを人間が…と、まぁ、体に良くないかな。くらいの知識しかなかった私だし、この本を読んでもなお、
最近、プラスチック・フリーについての本を読みました。

65658285_1192264327600890_5984288494564933632_n (1)

プラスチック問題、むずかしいですよね。

小さく小さくなったマイクロプラスチックが
海に漂って、それを魚が食べ、それを人間が…と、
まぁ、体に良くないかな。

くらいの知識しかなかった私だし、
この本を読んでもなお、「何が良くないのか」を、
いまだにうまく説明は出来ません。

行動にうつせたこと

この本を読んだあと、ずっと替えたいと思っていた
食器洗いスポンジを、プラスチック・フリーの
ものに替えました。
65876738_1063429500514049_5432878194850004992_n
びわこふきん:1枚432円
(すぐに品切れになり高値になってしまうけど、
待っていれば入荷されるので、待つのが吉)

プラスチックに囲まれすぎている現状ですが、
せめて食品と食品周りのものだけは、
「避けたい」
と思うようになりました。

食材の冷凍保存も、最近はジップロック袋を使わず、
もともと使っていたiwakiのガラスタッパーを
使うようにしました。

サランラップはほぼ使わなくなりました。
(ゴミも減って、一石二鳥)

プラスチック素材のものが食品に触れる、
さらにそのまま加熱したり、という事態を
避けるように、なるべく気をつけています。

◇◇◇

ほんのちょっとの事ですが、
子ども達にも、伝えていきます。

洗い物をしてくれる16才の長男は、
「スポンジ+洗剤」から「びわこふきんのみ」になって、

「ふきんだけで、汚れがよく落ちるでしょ♪」
と聞いても、「そう…だね」と反応薄…。

夫は「これいいね!」と反応あり。
嬉しい(^^)



●●インスタで最新の4コマ更新中●●


LINEスタンプバナー

●●ツイッター●●
https://twitter.com/Motok68




続きを読む

「断捨離」「シンプルな暮らし」「丁寧な暮らし」などなどのワードが好きな方ならきっと役に立つ本かも。「ゼロ・ウェイスト・ホーム ごみを出さないシンプルな暮らし」私がこの本を手に取ったのは、環境問題に関心があるからとか、エコな暮らしをしたいからとか、そういっ
「断捨離」「シンプルな暮らし」「丁寧な暮らし」などなどのワードが好きな方ならきっと役に立つ本かも。

「ゼロ・ウェイスト・ホーム 
ごみを出さないシンプルな暮らし」

iOS の画像 (4)

私がこの本を手に取ったのは、環境問題に関心があるからとか、エコな暮らしをしたいからとか、そういった高尚な理由ではなく、

単純に、「もの」を所有することのあらゆるコスト(主には時間)を減らしたいからでした。

「ごみゼロ」✕「カリフォルニアのセレブな暮らし」

わが家は6人家族なので、ほおっておいても次から次へとものが増えていきます。

それらを収納する場所作り、人に譲ったり・売ったりする手間、そもそも手放すかどうか決める精神的なコストも。

こういう煩わしさから開放されて、スッキリシンプルに暮らす知恵が、351ページたっぷりそれはそれは細かに記されています!
iOS の画像 (5)


特筆すべきは、筆者の暮らしぶりが、めちゃくちゃ洗練されていてオシャレなこと。

「ごみゼロ運動」っていうパッとしない響きとイメージを、一気に覆してくれる内容です。

以下、出版社サイトからの引用です。


家族4 人が1 年間に出すごみの量がガラス瓶1 本分(= 1 リットル)という、驚異の「ゼロ・ウェイスト(ごみを出さない)」生活を続けている著者。そのクリエイティブな工夫を紹介する、実践ガイドの日本語版です。「ごみの分別先進国」と言われる日本でもシンプルな生活や生き方が話題となっている昨今、環境問題やリサイクルに意識的な方のみならず、大きな注目を集めているテーマです。モノを減らせばごみも減り、環境的・経済的にも大きなメリットが生まれる。本当の豊かさとは?快適な生き方とは?「断捨離」「ミニマリズム」のさらに一歩先を行く、持続可能でシンプルな暮らし方の提案のみならず、人生で大切なことや見つめ直すべきことに気づかせてくれる一冊。先進的で洗練された暮らしぶりも必見です。 

私も、負担なく出来ることしか実践していませんが、ゴミが減ると「よっしゃ〜!」となるし、逆に沢山出してしまうとモヤモヤする体質になりました。

良ければ是非読んでみてください!



続きを読む