〜うちのヒフミヨ!4人育児はエンターテインメント〜

イクメン兄3人と、その兄に溺愛される末っ子妹の4人兄妹を描いた日常育児漫画。

2018年05月

▼たまーにこういう奇跡が起きます(笑)(娘1才) View this post on Instagram MOTOKOさん(@hfmy_photo)がシェアした投稿 - 2019年 4月月8日午後8時18分PDT ●●前回のお話はこちら●●●●ツイッター●●https://twitter.com/Motok68
82 よっちゃんの歯磨き(1才〜1才半)

▼たまーにこういう奇跡が起きます(笑)
(娘1才)



●●前回のお話はこちら●●
歯磨き1

●●ツイッター●●
https://twitter.com/Motok68



続きを読む

まぁ、これは冗談ですが…長男が1才頃の歯磨きは、本当に本当に毎晩ストレス…!!そんな時、友人の家に家族ぐるみで泊まらせてもらう機会がありました。2人子どもがいるおうちで、下の子は長男と同じ年の男の子で、上のお姉ちゃんは当時5才。自分が親になるまで、子ども
81 歯磨き(1才〜1才半)
まぁ、これは冗談ですが…

長男が1才頃の歯磨きは、
本当に本当に毎晩ストレス…!!

そんな時、友人の家に家族ぐるみで
泊まらせてもらう機会がありました。

2人子どもがいるおうちで、
下の子は長男と同じ年の男の子で、
上のお姉ちゃんは当時5才。

自分が親になるまで、子どものいる生活を
まじまじと観察したことのなかった私は、

5才のお姉ちゃんが、
余裕で歯磨きをしていたり、
夜ぐっすり眠る姿を見て、

「数年後にはこうなるんだ!」と、
今まで漠然としていたイメージが、
とてもクリアになった事を覚えています。

大げさではなく、目から鱗が落ちた思い。
その後の育児の大きな助けにもなる経験でした。

●●前回のお話はこちら●●
おっぱいマッサージ1
●●ツイッター●●
https://twitter.com/Motok68




続きを読む

子どもって、食卓では口にすら運ばないものをつまみ食いだと食べることってないですか…!?うちだけかな?さすがに生にんじんは食べなかったけど、食べなさそうなものをつまみ食いであげてしまうという作戦はありかも…?いや、癖になったら面倒だからやっぱ止めよ。
79 生にんじんエンドレス(1才〜1才半)
子どもって、食卓では口にすら運ばないものを
つまみ食いだと食べることって
ないですか…!?うちだけかな?

さすがに生にんじんは食べなかったけど、
食べなさそうなものを
つまみ食いであげてしまう
という作戦はありかも…?

いや、癖になったら面倒だからやっぱ止めよ。
続きを読む

実は子どもにオムツ替えをさせる事に抵抗がありました。なんか、ちゃんとキレイにしてくれなそう…と信用してなかったから(^_^;)三男が生まれたときも、当時小5だった長男に手伝わせることはせず、夫と自分だけで乗り切りました。けれど、4人目にしてやっぱり猫の手も借り
78 オムツ替えプロ小学生(1才〜1才半)
実は子どもにオムツ替えをさせる事に
抵抗がありました。

なんか、ちゃんとキレイにしてくれなそう…

と信用してなかったから(^_^;)

三男が生まれたときも、
当時小5だった長男に
手伝わせることはせず、
夫と自分だけで乗り切りました。

けれど、
4人目にしてやっぱり猫の手も借りたい忙しさ。。
きちんと教えて、上の兄2人の手を借りました。

結果的にとても助かったし、
それだけでなく、女の子の体というものを
身近に感じる貴重な体験にさえ
なったんじゃないかと思っています。

妹が生まれたのをきっかけに、
子どもが読める性教育の本を買って、
本棚にさりげなく置いてみたりもしました。
(とはいえ、男の子の性教育って難しいですよね…)
DSC02456
▲長男(中3)次男(小6)の春

続きを読む

女の子が生まれてからというもの、クローゼットが華やいでとても嬉しいです!次男フーちゃんが朝、ヨッちゃんの小さなズボンを畳みながら(彼のお仕事)「かわい…♥」と言ってる姿も、傍から見ていて微笑ましい〜。
76 女子の服(1才〜1才半)
女の子が生まれてからというもの、
クローゼットが華やいで
とても嬉しいです!

次男フーちゃんが朝、
ヨッちゃんの小さなズボンを
畳みながら(彼のお仕事)
「かわい…♥」と言ってる姿も、
傍から見ていて微笑ましい〜。

DSC02728


続きを読む

最後にケアしてもらってからは、トラブルもなく、本当におしまい。特に涙することもなく、最後の授乳とかも覚えてはいませんが、 長男のときから4人、もうやりきった感満載です…!!断乳だったためマッサージに行きましたが、(上3人は、止めても張らなかった)なんか、
74 おっぱいマッサージ(1才〜1才半)
最後にケアしてもらってからは、
トラブルもなく、本当におしまい。

特に涙することもなく、
最後の授乳とかも覚えてはいませんが、
 長男のときから4人、
もうやりきった感満載です…!!

断乳だったため
マッサージに行きましたが、
(上3人は、止めても張らなかった)

なんか、最後の最後に極上のケアで
労ってもらった感があり、
思い残すことはありません。

●●前回のお話はこちら●●
断乳2日目1

●●ツイッター●●







続きを読む

断乳 その1断乳 その2過去の断乳の思い出です。戦々恐々としながら挑んだ「断乳」でしたが…これにて終了!次の日も、その次の日も、10分くらい泣いてから眠りにつきました。その後すぐに、寝る前に泣くことすらしなくなり、「おやすみー」と添い寝で眠るようになりま
73 断乳2日目(1才〜1才半)
75 断乳 完結(1才〜1才半)

断乳 その1
断乳 その2


過去の断乳の思い出です。

戦々恐々としながら挑んだ
「断乳」でしたが…

これにて終了!
次の日も、その次の日も、
10分くらい泣いてから眠りにつきました。

その後すぐに、寝る前に泣くことすらしなくなり、
「おやすみー」と添い寝で眠るようになりました。
(パパや兄でもOKなのが本当ラク…)

苦労してる方には何の助けにもならず
申し訳ない内容ですが…
ありのままの事実です。

◇◇◇

思えば断乳って、
「立つ」「歩く」など今まで見守るだけだった
娘の成長を、初めてコントロールした出来事
だったかもしれません。

突然の理不尽な(!)変化に対して、
とにかく泣いて泣いて頑張るのも、
アッサリ諦めるのも、
ありのままの子どもの姿。

わが娘には、
相当な臨機応変さが備わっていることを
見てとることが出来ました。

これからも、素直な反応ひとつひとつ、
見逃さないように育てていきたいです。
DSC09591
(断乳直後の娘 保育園にて)

続きを読む

断乳その1 はこちら。2時間くらいは泣き続けるかなと覚悟して臨みましたが、1時間くらいで勘弁してくれた…。お布団入るまでは一緒にルンルンだったけど、「じゃ、おやすみ♪」と私がフツーに寝始めるとやっぱり泣きはじめました。その夜は1〜2回起きた様な気がします
71 断乳その2(1才〜1才半)
断乳その1 はこちら。

2時間くらいは泣き続けるかな
と覚悟して臨みましたが、
1時間くらいで勘弁してくれた…。

お布団入るまでは一緒にルンルンだったけど、
「じゃ、おやすみ♪」と私がフツーに寝始めると
やっぱり泣きはじめました。

その夜は1〜2回起きた様な気がしますが、
同じようにひたすら寝たフリをして
乗り切りました。

◇◇◇

もしこれが初めての育児だったら、
ずっと泣かせるなんて可哀想だし、
これいつまで続くの…!?
と不安になっていたかもしれません。

が、兄3人を育ててきた経験から、
「おっぱいを卒業してスヤスヤ眠る子ども」
のイメージが出来ていたので、
娘の涙は、心を無にしてスルー。

スルーが功を奏するのか否か。
その3 に続きます。

続きを読む

断乳の思い出話です。わが子は全員母乳で育ちましたが、「断乳」を決行したのは、4人目の娘が初めてでした。上の兄3人は卒乳で、1才前後で自然と離れていきました。前々から計画していたとかではなく、急遽予定が決まってそれに巻き込まれる所がいかにも4人目って感じで
122 断乳 その1(1才〜1才半)
断乳の思い出話です。

わが子は全員母乳で育ちましたが、
「断乳」を決行したのは、
4人目の娘が初めてでした。

上の兄3人は卒乳で、
1才前後で自然と離れていきました。

前々から計画していたとかではなく、
急遽予定が決まってそれに巻き込まれる所が
いかにも4人目って感じですが、

グズるのか、あっさりなのか。
その2に続きます(^_^)

続きを読む

ひどい時は、子どもが話しかけてきてるのにスマホの中の子どもを見ているという本末転倒具合…。子どもによって疲れては、子どもによって癒やされる。物事って、陰と陽ですね?(違うか)。
103 本物を見てあげてください(1才〜1才半)
ひどい時は、子どもが話しかけてきてるのに

スマホの中の子どもを見ているという

本末転倒具合…。

子どもによって疲れては、

子どもによって癒やされる。

物事って、陰と陽ですね?
(違うか)。

続きを読む

一家全員で嘔吐下痢症に襲われ悲惨なGWでしたが、みんなそれぞれ1日程度で回復。それでも順々に病気になる家族に合わせておかゆやうどんなど地味な食事…。せめて美味しいおやつでも…とメロンパンを沢山作りました!生地作りはホームベーカリーで。わが家は普段の食パンも
123 GW  みんな回復(1才〜1才半)
一家全員で嘔吐下痢症に襲われ
悲惨なGWでしたが、
みんなそれぞれ1日程度で回復。

それでも順々に病気になる家族に合わせて
おかゆやうどんなど地味な食事…。

せめて美味しいおやつでも…と
メロンパンを沢山作りました!
生地作りはホームベーカリーで。

わが家は普段の食パンも
家で焼いています。

ツインバードの5000円くらいの機種を
かれこれ4年くらい愛用中。
今では次男のフーちゃんがパン係で、
毎週末焼いてくれます(^_^)

手放せない調理家電のひとつ!
ちなみに選んだ条件は
「2斤焼けること」
「お餅が作れること」
の2つです。

今調べたら、同じ機種はもうこんな値段では買えない…
壊れない様に大切に使わねば。

DSC08989

続きを読む

この頃、保育園&学校で嘔吐下痢症が大流行していました。インスタ過去投稿です。そしてこの後、友人宅にもうつしてしまう事になります。このマンガを投稿した後、インスタグラムで「まだ外出は控えたほうがいいかと思いますよ感染力強いので他の方に移す可能性が高いですよ
68 ごうもんウィーク(1才〜1才半)
この頃、保育園&学校で
嘔吐下痢症が大流行していました。
69 ひーもダウン(1才〜1才半)

GW続き
インスタ過去投稿です。

そしてこの後、友人宅にもうつしてしまう事になります。

このマンガを投稿した後、インスタグラムで「まだ外出は控えたほうがいいかと思いますよ感染力強いので他の方に移す可能性が高いですよ。」「こうしてまた、他の人にも写って感染が広がっていくんでしょうねぇ…。」というコメントを頂きました。


これを見て、まだ完治していないのに外出してしまった事、またそれを悪びれもせず漫画に描いてしまったことを猛反省しました。

友人に迷惑をかけた事はもちろん、漫画を見た方が同じような行動を取ってはいけない事を、描くべきではありませんでした。

以下はノロウイルスの予防・対策ですが、嘔吐下痢症の対応にも有効だと思います。
0001
0002

今後は、症状が収まってからも最低2日は外出しない便からは2週間程度はウイルスを排出していると意識して行動する、など改めて徹底しなければと思いました。

知識としては知っていましたが、少しくらい…と自分達の楽しみを優先させてしまった自分が恥ずかしい気持ちでいっぱいです。

「気にしないで!」と優しく許してくれた友人はもちろん、苦言を呈してコメントしてくれた方にも感謝しています。表現者として気をつけていく事を教えて頂きました。

今年のGWは、なにはともあれ体調管理を万全に、元気に終えたいと思います…!


続きを読む

前回の続きです。 せっかくのGW、旅行の予定はないけれど、天気が良ければ少し遠出のドライブでも…なんて思っていたのですが。夫と次男の看病もしないといけないし、1才長女と小1三男は元気いっぱい!頼みの綱の高1長男も具合悪くなるわ、最終的には自分も倒れるわ、散々
前回の続きです。

70 優しくできない(1才〜1才半)
せっかくのGW、旅行の予定はないけれど、
天気が良ければ少し遠出のドライブでも…
なんて思っていたのですが。

夫と次男の看病もしないといけないし、
1才長女と小1三男は元気いっぱい!

頼みの綱の高1長男も具合悪くなるわ、
最終的には自分も倒れるわ、
散々なGWでした。

でも塩対応してしまった
夫には、申し訳なかった(T_T)

▼家から出られないので、メロンパン作り。
DSC08974

続きを読む

(コミックエッセンになってる…) 今年2018年2月からインスタで「うちのヒフミヨ!」の公開をはじめて3ヶ月と少し、先日フォローしてくれる方が4000人になりました。いいね!やフォローしてくれる皆さま、本当にありがとうございます。40歳を目前に液晶タブレ




c180a8c7.jpg
(コミックエッセンになってる…)

8d6de3d1.jpg

今年2018年2月からインスタで「うちのヒフミヨ!」の公開をはじめて3ヶ月と少し、先日フォローしてくれる方が4000人になりました。

いいね!やフォローしてくれる皆さま、本当にありがとうございます。

40歳を目前に液晶タブレットを手に入れて、あまりの描きやすさにビックリしたのがつい5ヶ月前。

見よう見まねで4コマ漫画を描きはじめ、毎回、試行錯誤しています。

コメントも、いつも嬉しく拝見しています。

なかでも、「兄弟っていいですね!」「やっぱり3(4)人目欲しくなりました!」というコメントを見ると、ものすごく嬉しい。

私の、平凡で取るに足らない日常が、認められたような気がするからでしょうか。とにかく今は、この漫画を描くことが、苦しくもあり、楽しくもある、味わい深い作業です。

■■■

前置きが長くなりましたが、作品もぼちぼちたまってきたので、出版社への原稿の持込というものを一度体験してみようと思います。

わざわざ時間と交通費をかけて行く目的は、大きく2つ。

①出版の現場見たい!
②プロの編集者の意見を直接聞く。

今後、出版社からの書籍化を目指すのか、自ら(電子書籍などで)売るのがいいのか、まだ先が見いだせずにいるのですが、

まずは出版業界という場がどういう所なのか、ネットの情報だけでなく、自分の肌で感じてみようと思います。

ド素人の主婦に、喝を入れて下さる編集者さんとの出会いに、今から戦々恐々としております……

続きを読む